知らなかった、日焼けについてと対策について

知らなかった、日焼けについてと対策について

勘違いしている紫外線対策

日焼けをしないように、紫外線を浴びない様に日焼け対策を本格的にし始めるのは、多くの人が暑くなる7月くらいからといわれています。しかし、紫外線量が多くなるのは3月の下旬からといわれています。その間何も対策をしていなかったら知らず知らずのうちに紫外線を肌にいっぱい浴びてしまい日焼けやしみなどの原因になりますね。主婦の人は、洗濯を干したり、ゴミ出しや子どもの送り迎えなど少しの間と思って対策をしていないと毎日の積み重ねでうっかり日焼けをしてしまいがちですよ。

うっかり落とし穴、家でも曇りでも日焼けする?

1日外で遊んだり、海やプールに行くときにはしっかり日焼け止めを塗ったり、長袖を着たりして入念に日焼け対策をしますよね。でも、ここに意外な落とし穴があるのです。1日家で過ごす時でも紫外線を浴びているのです。外に比べれば量は少ないですが、窓から紫外線は入ってきているので、朝起きてカーテンを開けた時点で紫外線を浴びていると思ってもよいでしょう。また、曇りの日で太陽は出ていなくても、紫外線は出ているのでしっかりと肌に浴びています。

今日からできる、日焼け対策

サロンに通ったり、高い化粧品を買ったり、という特別なことは必要ありません。今すぐにでも簡単に日焼け対策をすることが出来ますよ。理想は、朝起きてカーテンを開ける前に洗顔し化粧をするのがベストですが朝は忙しくなかなかそんな時間もないのが現実、せめて日焼け止めだけでも塗るだけで全然違います。少しの外出でも日焼け止めを塗ったり、上着を羽織るなどして肌をなるべく出さない様にすることが大事です。日焼けしてしまってからでは遅いので、日々の積み重ねで美白を保ちましょう。

品川美容外科の提訴について詳しく